海外医薬品の個人輸入
人気ランキング
性病・感染症治療薬

海外医薬品の個人輸入は安心・安全!メリットの大きな薬の通販方法

海外医薬品

医薬品の購入方法として、通販はとても便利で楽な方法といえます。

国内通販だと購入できる市販薬の種類も限られてきますが、海外医薬品だと個人輸入が厚生労働省からも許可されているため、医師の処方が必要な薬も購入できます

EDやAGAなど、コンプレックスを抱えてしまいがちな症状を、病院に通わずに治療したい方にとっては朗報ではないでしょうか。

当サイトでもバイアグラの個人輸入をオススメしていますが、それは海外のED治療薬はバイアグラをはじめ、格安のジェネリックが豊富なため。

そのため勃起不全の治療費を少しでも抑えたい方にとっても、個人輸入での購入はメリットが大きいです。

このページでは、他にも
・海外医薬品を個人輸入するメリット
・個人輸入代行サイトを利用する際の梱包状況

などを紹介します。

信頼できる個人輸入代行サイトで医薬品を輸入することも大事です。
管理人が厳選した以下のサイトで、安心・安全の海外医薬品が購入できますよ。

通販サイト
成分鑑定書
正規品100%保証
追跡サービス
問合せ窓口 メールフォーム メールフォーム
LINE
メールフォーム メールフォーム
通販

海外医薬品とは【購入できるもの&安全性】

通常、日本で承認されていない医薬品は国内で販売・購入することは禁止されています。

しかし、薬を実際に使用する人が、個人的に使用する範囲内でなら自由に輸入できるのです。
この、日本で承認されていない医薬品は一般的に海外医薬品といわれています。

海外医薬品は日本で承認されていないことから、

・本当に必要な薬が買えるの?
・本当に安全なの?

と疑問に思う方もいると思うので、説明していきます。

注目されているジャンルの海外医薬品

海外医薬品は、日本では市販されていないジャンルの医薬品も購入できるのが特徴です。

例えば、以下のような薬が買えます。

・AGA治療薬
・ED治療薬(勃起不全治療薬)
・避妊薬(低用量ピル、アフターピル)

他には高血圧や糖尿病の治療薬さえも購入できます。

Amazonや楽天で購入できるタイプの市販の薬は、ドラッグストアでも購入できるものがほとんどです。
薬剤師の指導がなければ買えない第一医薬品も通販できるので便利ではありますが、やはり上記のような強い効果のある薬は日本では病院で処方してもらうのが普通です。

深刻な病気や、生活していく上で生じる悩ましい問題を抱えている方にとって、海外医薬品は心強い味方といえます。

海外医薬品の品質は安全?

薬ですから、安全に飲めるかどうかは気になるところです。
結論からいうと、海外医薬品の安全性は保証されています。

海外ではドラッグストアで普通に購入できるものもあり、日本でまだ承認されていないだけで、海外では多くの人が長年愛用している薬である場合も多いです。
販売の許可を受け、多くの人がすでに利用しているので、海外医薬品が安全であることは間違いありません。

日本ではそもそも薬の承認が遅いため、処方してもらえない薬が多すぎる、という事情があります。

バイアグラは異例ともいえる申請から半年という速さで承認されましたが、通常ならば承認まで数年かかることも珍しくありません。

※参考:バイアグラ発売とピル解禁 – 全日本民医連

日本ではジェネリックの承認も遅いですが、ジェネリックは先発医薬品と比べて研究費用が薬の価格に反映されないため、安くなります。

アフターピルやAGA治療薬、ED治療薬は生活改善薬に分類される薬ですので、健康保険の対象外です。
先発医薬品だと医療費が高くなってしまいますが、ジェネリックに買えるだけで医療費を大幅に節約できるのです。

海外医薬品ではとくにこのようなジェネリックが注目されています。
先発薬と製造方法や成分量は同じであるため、効果や効能も先発薬と同じである上に、安全で安いとあれば、利用したいと考えるのも当然でしょう。

注意するべき偽物

しかし、海外医薬品を購入するとき一つ気を付けることがあります。
それは偽物を買わないようにすることです。

偽物は有効成分が入っていないので当然効果はありません。
それどころか体のことを考えず粗悪な薬物が入れられていることがあり、飲めば健康被害が出ることもあります。

明らかに偽物とわかる見た目のものもあれば、刻印まで押されて見た目が本物の薬そっくりに作られている場合もあるのです。

偽物を避けるためには、安定した取引実績のある、信頼できる個人輸入代行サイトで輸入するようにしましょう。

海外医薬品を個人輸入する方法

海外医薬品の輸入は、海外からの渡航者や、移住者が日本でも引き続き薬を使い続けられるように法律で認められたという経緯があります。
もちろん、海外に行ったことがない方でも個人輸入という形式で購入できます。

購入方法としては2つあります。

  • 個人でメーカーに問い合わせ輸入手続きを行なう
  • 個人輸入代行サイトを通じて購入する

もし国内の通販サイトやお店で購入できるのだとしたらそれは違法です。
必ず海外から発送される海外医薬品でなければなりません。

このとき、数量制限もあるので気を付けてください。 どれくらいの価格で購入できるのか、具体例も見てみましょう。

個人輸入代行サイトからの購入が便利!

個人輸入

海外医薬品を個人輸入するには輸入手続きが必要となります。
個人輸入代行サイトを通じて輸入することで、

  • ・現地の言葉でやり取りせずに済む
  • ・書類の用意もしなくていい

という大きなメリットが得られます。

個人輸入代行のサイトは日本語で書かれていて、問い合わせも日本語対応です。
英語ができない方にとってはとても助かりますよね。

信頼できる個人輸入代行サイトの一つの目安としては、「正規品100%」と明記しているところです。
ジェネリック医薬品も、必ずメーカーから直接取引していて、成分鑑定書もつけてくれるところであれば安心して購入できます。

個人輸入には数量制限がある

個人輸入代行サイトを通すことで、数量制限に気を付けて購入できるのも良い点です。

厚生労働省の個人輸入に関するページには、医薬品または医薬部外品の輸入数量について記載されています。

個人輸入可能な医薬品等の数量

処方せんが必要な薬
・・・用法用量の1ヶ月分(点眼薬などは24個以内)

医薬品
・・・2ヶ月分

※参考:医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

個人輸入代行サイトであれば、購入する際に自然と制限がかかるので、知らずに購入してしまったとしても大丈夫です。
ただ、届いたときに思ったより少ない!とびっくりしてしまわないように、制限があることは頭に入れておきましょう。

海外医薬品通販のメリット

海外医薬品のメリットを感じて満足する男性

「個人輸入代行サイトからの購入が便利!」の項目でも取り上げたように、個人輸入代行サイトを使うことで面倒な輸入の手続きをすべて輸入代行業者に任せることができます。

それ以外にも、通販や海外医薬品ならではのメリットがあるのでチェックしていきましょう。

格安のジェネリック医薬品が購入できる

海外ですでに販売されている格安のジェネリック医薬品が購入できるので、継続して薬を飲まなければならない場合に費用の大幅な節約につながります

例えばEDはペニスに血流が集まるのを、体の中にあるPDE5酵素が阻害してしまうため起こります。
この酵素の動きを防ぐためにシルデナフィルやバルデナフィルといったPDE5阻害薬が活躍するのですが、飲まなければまた勃起しなくなってしまいます

AGA治療薬も同様で、使用しなければ再び薄毛になってしまうのです。

継続して使用するのですから、高いよりは安い方が当然良いでしょう。
ジェネリックだと安い価格で同じ効果が期待できるので、効き目や安全性も心配ありません。

薬を好きな時間に購入できる

医療機関で薬を購入すると、医師の指導があり安心です。

しかし、通院するだけでもかなりの時間がかかってしまいます
EDやAGA専門のクリニックも最近では増えていますが、遠くまで出かけないと受診できない、という人も多いのではないでしょうか。

医療機関だとたいてい朝9時~夜遅くとも20時までと受診の時間も限られています。

仕事や趣味も頑張りたいのに、病院の通院まで、となるといくら時間があっても足りませんよね。

通販であれば注文自体はどんな時間でもすぐに行なうことができるので、病院で薬を処方してもらうよりも時間にこだわる必要がありません。

誰にも知られずに購入できる

EDやAGAの治療のために病院に通うとき、

「誰かに通院するのを見られているのではないだろうか」

と心配になることもあるのではないでしょうか。

コンプレックスにもなってしまう症状なので、できれば誰にも知られることなく内緒で症状を治療したいものです。

通販ではお届け方法や梱包方法にも配慮されているので、誰にも知られずに医薬品を購入できますよ。

お届け方法の工夫

・郵便局留めにできる医薬品もある
・梱包は店舗名や医薬品名が分からない状態にしている

ちなみに、個人で使用する目的で販売されるため、宛先を会社にしている、もしくは名義が法人の場合、届けてもらえないので注意しましょう。

処方箋不要・薬剤師の許可不要

強い効果をもち症状を治療に導く医薬品ですが、その性質ゆえに処方せん薬に指定され、医師の指示がないと病院で購入できません。

処方せん薬やOTC医薬品(要指導医薬品や第一類医薬品)とは違い、海外医薬品の購入時には専門家の許可が不要なのですぐ買えるのが便利です。

これは完全に自己責任の上購入し、服用することが求められるからです。
このことについては後ほど詳しく説明します。

利用者側の責任は重くなりますが、購入の手間が省けてスムーズに購入できるのは大きな利点です。

また、病院で支払わなければならない診察料や処方せん代も不要となるため、費用の節約にもなります

処方せんが不要な理由

処方せん不要

海外医薬品を個人輸入する大きなメリットとして処方せんが不要なことが挙げられます。

それができる理由は、海外では医薬品でも処方せんなしで薬局で購入できるためです。

日本では服薬指導が一般的

日本は薬の正しい使用のため、専門家が服薬指導をすることが一般的です。
そのため、長らくインターネットでも通販できない状態が続いていました。

現在はインターネットでも医薬品を購入できますが、制限があります。
国内通販であるAmazonや楽天でも販売されている第一類医薬品も、薬剤師が対応しなければ購入できないようになっています。

薬の分類
処方薬
(医療用医薬品)
医師 不可
要指導医薬品 薬剤師 不可
第一類医薬品 薬剤師

※参考:医療用医薬品と一般用医薬品|中外製薬

※参考:OTC医薬品の分類|くすりと健康の情報局

上記のような日本の状況とは違って、海外でも医師の処方せんがなければ購入できない薬はあるのですが、多くの薬が薬局でも普通に購入できます

海外では医薬品の区別が緩い

海外では一応、処方せんがなければ購入できない薬を置いてある処方薬局と、処方箋薬以外の薬を置いてある大衆薬局という区別はあるようです。

しかし、あまり区別が厳密ではないため、日本では処方せんが必要な薬も大衆薬局で買えた、という例が多くあります。

海外での医薬品購入例

日本を除く先進諸国の多くで緊急避妊薬は薬局などで購入できる。ジェネリック医薬品(後発医薬品)も出ていて、米国の薬局では10ドルほどで買えるという。

※参考:「緊急避妊薬」はなぜ薬局で買えないのか–集中出版

海外では医師にかかるのが日本よりも高額になる、という事情もあるため、薬局で購入しやすい状況があると思われます。

これが先進国以外になると、貧困層にも薬がいきわたるように、さらに薬への規制が緩和されます。

日本で薬を購入する際に上乗せされる金額

健康保険が適用されるとはいえ、日本だと処方せん料や初診料・再診料(合計200円~1,000円)などでさらに費用がかかるため、先発薬が余計に海外よりも高くなってしまいます。

ED治療薬やAGA治療薬だと健康保険の適用外となるので、少しでも安くできる処方せんが不要な個人輸入の需要が高いのです。

それでも劇薬に分類される薬や、睡眠薬をはじめとする習慣性のある薬については海外医薬品でも輸入できません。

逆にいえば信頼できる輸入業者で薬を購入すれば、「いつのまにか危険な薬を買っていた!」ということにはなりませんので安心して通販を利用できます。

※参考:海外勤務健康センター 研究情報部|諸外国の薬事行政

輸入が禁止されている薬物

輸入禁止の薬物

個人輸入は自己責任で利用が任されているので、ルールを把握して、しっかり従う必要があります。

基本的には個人輸入代行サイトで購入できるものは輸入が許可されている薬物ではありますが、利用する側もしっかり法律を把握しておくべきです。

以下が輸入禁止の薬物です。

医療用麻薬、覚せい剤や大麻、指定薬物

常習性がある薬物、他の法律で規制されている薬物は輸入が規制されています。

医療用麻薬のモルヒネは治療用にも使われますが、持ち込む場合は

  • 医師からの処方の証明
  • 本人が携帯する

上記の条件を満たすようにしましょう。それ以外の輸入は処罰の対象になってしまいます。

携帯する場合でも地方厚生局長の許可が事前に必要になるので注意しましょう。

覚せい剤や麻薬だけでなく、それらの薬物を作ることのできる原料も輸入禁止です。

ワシントン条約や関税法で規制されるもの

以前は漢方でも使われていた原料でも、絶滅の恐れのある動物を原料にしているため現在では規制の対象となるものがあります。

ワシントン条約によって輸入規制されているので、輸入を検討している方はこれらの原料が入っていないか必ず確認してください。

熊の胆のうやサイの角など、規制の対象となっているものは多数あります。

他には、知的財産侵害物品にあたる医薬品が関税法によって輸入規制されています。

※参考:医薬品等の個人輸入について|厚生労働省

個人輸入代行サイトでは上記にあたる薬物は扱われていません。

しかし、「個人輸入には数量制限がある」のところでも説明したように、口紅は24個までといった規制もあるので個人輸入代行サイトで購入する際にも制限があることは念頭に置いておきましょう。

海外医薬品の個人輸入は信頼できる通販サイトで始めよう

このように、海外医薬品といっても怪しげなものではなく、しかも簡単に購入できることが分かりました。

個人輸入代行サイトを利用することで、安心して使用できる薬が購入できます。

バイアグラNAVIではいくつか個人輸入代行を行なう通販サイトを紹介していますが、信頼性や安全性の面からも厳選しています。

実際に管理人が購入したことがあり、自信をもってオススメできる通販サイトですので、安心してお買い求めください。

このページで価格比較をしたグー薬局の公式サイトは以下からアクセスできます。↓

通販サイト
成分鑑定書
正規品100%保証
追跡サービス
問合せ窓口 メールフォーム メールフォーム
LINE
メールフォーム メールフォーム
通販
TOPに戻る