ED(勃起不全)とは
人気ランキング
性病・感染症治療薬

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは 生活サイクルが忙しくなった現代、いろいろな病気や現象に悩まされる人も多いです。 睡眠不足、ストレスなどから来る障害は、健康被害とも言えるものですが、 簡単に治せそうでも生活環境を考えると簡単に治せないものもあるのです。

そんな生活環境から来る病に、EDと言われるものがあります。このEDとは、 ErectileDysfunctionの略で「勃起機能の低下」 ということで、男性にしか起こらない病気です。 女性からみると「私に興味がないの?」と思われがちなことですが、これは意識とは別の問題です。


その昔であれば、年齢を重ねた老化現象と言われていましたが、 現代ではストレス寝不足、 または生活習慣病なども関係することから、 若い人にもこのEDと言われる症状が見られる時代になりました。

ではこのEDと言うものはどうして起きてしまうのか考えてみましょう。 第一の原因として、病気にかかっていることです。

高血圧、糖尿病などが考えられますが、 その他にも前立腺に関わる病気や男性ホルモンの低下 も大きな理由とされます。多くの原因が心因的なものとなり、勃起不全と言うことも考えられ、 肉体的な問題だけでなく精神的な原因も考える必要があるでしょう。 男性が、朝立ちや自分で行なう自慰などでは正常な働きをする人も、 女性を目の前にするということをきかない場合もあるのです。

例えば、近くの部屋に子供が寝ている、アパートの壁が薄く隣の部屋が気になる、 子供を作るためだけのSEXを迫られるなどの理由から、EDになってしまう男性も存在します。 これらは、精神的なものが原因とされますので、このような状態から解放することで 、治ることが多いと言われます。

ホテルに泊まる、温泉に行ってみるなどの方法も解決に向ける良い方法と言われています。 このように肉体的要因や精神的要素が原因とされることが多いEDですが、 また別な要因もあるのです。それは、薬の服用です。うつ病とか抗うつ薬の影響も考えられます。 ストレスが原因で精神的にまいってしまう人はうつ病になる危険性もあればEDになってしまう危険性もあります。

このような薬を服用されている人は、病院へ行き先生に相談すると良いのでしょう。 ですがED薬をもらうため、病院へ行くのが恥かしいと言う人もいます。そういう人の場合は 通販を利用してバイアグラなどと言ったED治療薬を購入しましょう。通販でしたら ジェネリックも購入できるので、 費用を抑えたED治療をすることができます。ED治療薬を服用することは決して恥かしいことではありませんので 、早めに解決することで、夫婦間の信頼を保つことになるのです。

EDの種類

EDの種類 EDは性行為時に勃起できないことで、行為に進むことができないという障害です。 自身の欲を満たすことも、パートナーを満足させてあげることもできないことで夫婦間の問題にもなりやすくなります。 EDは「勃起しない」というのが一般認識ですが、 定義では「性行為の際に75%以上の確立で行為が行えない状態」とあります。

ただ、それも一概ではありません。性機能障害から考えると、症状には個人差があり、 軽度から重度まで存在します。例えば軽度なら稀に勃起しない、中度なら頻繁に勃起しない、 重度なら常に勃起しないと分けることができます。また、充分に勃起しない、硬くならない、 勃起の持続時間が短いなどの症状もEDです。

それを踏まえると、自分では気がついていない潜在的なED患者は大勢いるということになるでしょう。 そのため正確な患者数は掴みにくくなっています。EDの種類を大別してみると、「肉体的要因」と「心因的要因」 に分けることができます。肉体的要因は、加齢、ライフスタイル、生活習慣病、その他の病気などがあります。 肉体的要因のEDをまとめて器質性EDとも呼びます。

加齢は性的欲求を抑えると言われていますが、人間の性的欲求は加齢が理由で落ち着くようなものではありません。 ただ、加齢によってEDの要因となる糖尿病、心臓病、高血圧、 アルツハイマー病を発症するケースが多くなるということは言えますね。

他にも、こちらは多くはないケースですが、前立腺肥大症や前立腺炎などの泌尿器科系の病気が原因だったり、 前立腺がんや膀胱がんなどの手術によって神経を傷つけてしまうことでEDを引き起こすこともあるとされています。 また、年齢ばかりではなく若い人でも悩まされるEDは、ライフスタイルも影響します。

乱れた生活習慣、食生活に加えて、喫煙や過度なアルコール摂取もよくありません。 このような不規則な生活が長く続くことでEDになることもあります。 そして、心因的要因はストレスです。特に働き盛りの20代~40代に多いといいます。 また、男性は女性に比べてデリケートな生き物です。要するに、傷つきやすく、 しかも一度傷つけられると回復しにくいというのが一般的な特徴としてあります。 そのため、女性の些細な一言でEDになってしまうケースもゼロではありません。症状に応じ、 泌尿器科、精神科、心療内科、内科などの受診が奨められます。

EDの原因

EDの原因 EDにはさまざまな原因があります。「性欲はあるのに勃起しない」 男性にとってこれ以上に悲しいことはありません。実際にEDを患った人にはどういったことが原因で勃起しないのか? という理由については分からないものです。実際に勃起不全に陥る原因としての多くは心理的なもの、 そして加齢、生活習慣によるものに分類されます。

EDの原因:加齢

EDにはいくつかの原因がありますが、もっとも一般的なものは加齢に よって勃起障害が起こるものです。これを器質性EDと呼びます。器質性EDも厳密に分類すれば2種類あり、 1つは加齢そのものが原因となる場合、そしてもう1つが加齢によって引き起こされる様々な病気が原因となる場合です。

まずは加齢そのものが原因となって起こるEDについて見てみましょう。 そもそも勃起とは知覚的や心理的な要因によって性的な刺激を受けた時、 陰茎内の海綿体に血液が流れ込んで膨張することによって起こります。しかし、 年齢を重ねるごとに肉体的な衰えが見られるようになるのと同時に性的な快感も鈍くなるため、 性的興奮が減って勃起しにくくなってしまいます。

また、加齢とともに男性ホルモンが減少することもEDの原因となります。 男性ホルモンの減少は更年期障害を引き起こします。更年期障害になると身体が疲労感を感じやすくなったり、 精神的に落ち込むことが多くなったりして、何事に対してもやる気を失ってしまいます。 もちろん、性的なことについても関心が薄くなり、その結果としてEDになってしまうことが多いのです。

次に、比較的高齢者に多い病気が原因でEDとなる場合についてです。先程も言ったように、 勃起は大量の血液が陰茎内の海綿体に流れ込むことによって起こりますから、 血流障害が起こると血液の流入量が減少してEDを引き起こすことがあります。 血流障害を引き起こす病気として代表的なものが動脈硬化です。

動脈硬化は血管の内部の壁にコレステロールや脂肪が付着することで血管が細くなり、 血液の流れが阻害される状態を指します。血液には細胞が活動するために必要な栄養や酸素を運ぶ役割がありますから、 血流量が減ってしまうと上手く機能することができなくなってしまいます。

動脈硬化は生活習慣が原因となることも多いですが、ある程度の年齢になると生活習慣に気をつけていても 活性酸素など環境的な影響で血管が傷つけられて、 それが動脈硬化の原因となってしまうこともあります。また、動脈硬化になると血管の伸縮性がなくなり、 血管自体が傷つきやすくなってしまいます。

これによって高血圧が引き起こされたり、狭心症や不整脈といった心臓の病気も起きやすくなります。 実際、ED患者には高血圧の患者や心臓血管系の病気を持つ患者が多くなっています。 ですから、このような病気のある人はEDにならないように注意が必要になります。

EDの原因:生活習慣

EDの原因:生活習慣 EDの原因は、人によってさまざまです。ひょっとするとEDの原因が身近に潜んでいるかも知れません。 ここでは生活習慣の中でEDとなることを、いくつか紹介します。 食生活が偏りがちな1人くらしの男性は、特に注意が必要です。 好きな物ばかり食べているといずれにEDになる日はそう遠くはないはずです…

通常、脂肪は小腸で分解されますが、食事で脂肪を過剰に摂取してしまうと分解しきれずに血液の中に糖が溢れでてしまいます。 すると、血糖値が上がって血液がドロドロになり、血液の流れが悪くなってしまいます。

また、血液中の脂肪の一部はコレステロールとして血管内に付着し、血管を狭めてしまいます。 こういった特徴が当てはまる病気は、「糖尿病」や 「高脂血症」といった生活習慣病です。 ピザを食べるカップル勃起は大量の血液が陰茎内部にスムーズに流れ込むことで起こりますが、食事で大量の脂質を摂取してしまうと、 ただでさえドロドロの血液で血流が悪くなるのに、それに加えて血管も狭くなってしまうわけですから、 EDになるリスクが高くなってしまいます。

特に糖尿病は、EDのハイリスク群と言われ、糖尿病患者さんの約50%はEDだと言われています。 またこういった生活習慣病の治療薬の中には、副作用によって薬が原因となって起こる薬剤性EDの可能性も高めます。 血液の流れで言えば、タバコもEDには大敵です。 タバコに含まれるニコチンは脳を刺激する作用があります。

ニコチンがからだを駆け巡ることで、血管の内部を覆っている血管平滑筋が収縮してしまうので血管が狭くなり、 血液の流れを阻害してしまいます。タバコもEDには大敵上でも触れましたが、タバコは脳を刺激します。 脳が刺激されるとドパミンが活発に分泌されるようになるので、なんだか元気になったような気分になります。

この高揚感によって一瞬はイライラを忘れることは確かにできますが、 その後は反動によって余計にストレスが溜まってしまいます。このストレスがEDにとって大敵なのです。 では、アルコールはどうでしょうか。お酒は適度に飲めば血流を促進してくれますし、リラックス効果も期待できます。 ですから、一見すると問題なさそうに思えますが、実はあまり良くありません。

お酒もEDには大敵飲み過ぎてしまうと脳は性的な興奮を抑えてしまうので勃起しにくくなりますし、 この経験によって心因性のEDに発展してしまうこともあります。人によっては酔ったせいでたまたま勃起できなかったかも知れないのに、 「ダメだ…」と思い込んでしまい、思い込みでEDを発症することがあります。

また、すでにEDの治療薬を服用している場合には少量のアルコールでも薬が効きづらくなってしまうため、 できればアルコールは控えたほうが良いでしょう。適量であれば、 リラックス効果が期待できるので緊張緩和などには良いでしょう。

通勤や趣味のスポーツとして自転車を毎日利用しているという人もいますが、 長時間自転車に乗り続けることもEDの原因になることがあります。 これを「サイクリングED」といいます。 ロードバイクやピストといった自転車特有の細いサドルに下腹部を長時間にわたって 圧迫され続けていると血管が圧迫されて血流が阻害されたり、周辺の神経が傷ついてしまって刺激が十分に伝わらなく なることでEDになってしまうことがあります。

これはからだが原因となる「器質性ED」です。短時間であれば健康増進効果もありますし、 血流の流れも活発になりますが、サドルの細い自転車での長時間のサイクリングはできるだけ避けるようにしましょう。

EDの原因:心因的

EDの原因:心因的 EDというと勃起しない、勃起をしても半勃ち中折れなど をして萎えてしまい性交を継続できない状態と一般的には考えられています。 EDの原因は加齢、疲労、他の病気を原因とする現象などがありますが、 ここでは性交時の問題を原因とするEDについて説明します。 まず、オナニーのときにしっかり勃起するかどうかを確かめましょう。

一人のときは勃起するのだけれども、 相手がある性交時にEDの症状が出るのならば、心因的なものが考えられます。 原因の一つは、相手との相性があります。相手を大切に思うあまり性交するのに躊躇してしまう、 逆に内心はそれほど性交したくないのに、義理で性交しなければならないなどの場合に、相性という問題が出て来ます。

お見合いで結婚している人に症状が現れる可能性が高く、 さらに結婚までの性体験が乏しかった男性に症状が出やすいと考えられています。 いわゆる新婚性勃起不全という現象ですが、離婚や別居につながることも多いため、見逃すことができません。

このような場合、性風俗でプロにお相手してもらう等、相手を変えてみることで、 原因が相性にあるのかどうか確かめてみましょう。ベテランの風俗嬢に相談することで、 ずばりの理由を教えてもらうこともあります。相手との相性が問題ないとしたら、セックスをする状況を見直しましょう。

部屋の壁が薄いので隣に聞こえるかもしれない、小さな子供が起きて来ないか心配だなど、 外部環境が問題の場合もあります。防音設備のしっかりしたラブホテルを使用することで問題は解決します。 また、プレッシャーという問題もあります。

例えば結婚したとき等環境変化から受けるストレスやセックスの体験の未熟、 セックスに対する知識不足や、過去の失敗から来るトラウマ、 仮性包茎や短小を気にするあまりのコンプレックスなどが主な要因です。 このような場合、性交に突入したらEDの症状が出ても不思議ではないでしょう。

セックスレス 最後に、パートナーの女性の協力という問題があります。夫婦の気持ちがずれていたり、子作りのプレッシャーのプレッシャーがあったりなど、長い間セックスレスであり、久々のセックスに男性だけが孤独に頑張っているという状況は、EDの原因になります。女性がEDであることに不満めいた態度を示したり、馬鹿にしたような様子を見せると、男性は委縮してしまいますますEDが進行します。

性交は男女の共同作業で、女性の方が雰囲気づくりを行い、時には積極的に男性を射精に導くと言う態度をとることで、EDのほとんどは解消することでしょう。男性の陰茎が屹立するのは、パートナーの女性が発情した上に、男性を男として認めた場合です。セックスのしやすい環境を女性の方から作ってあげるというのは大切です。

EDの症状

EDの症状 勃起不全の症状はさまざまであります。以前より勃起の硬さがなくなった、または勃起の持続時間が以前と比べて短くなった等、専門の医者でさえ、判断するのはとても難しいものです。勃起不全(ED)の定義では、「満足いく勃起を得られなかった」と感じた時はEDを疑った方が妥当です。

このように原因も多岐にわたっているので、ここではセックスで中折れしてしまう場合を中心に説明しましょう。この中折れについては、EDの症状の中で一番多く、ED患者の半数以上は中折れの症状が主なようです。

中折れの症状を最初に自覚するのは40代になってからが一般的です。この時期になるとセックスをする回数が若い時より減って来ており、数か月、間隔が空くことも珍しくありません。久しぶりにしたセックスで中折れという症状を味わい自覚することが多いのです。それでは中折れというのは、どのような症状のことを言うのでしょうか?

男性の陰茎を女性の膣に挿入するためには、陰茎が勃起し、ある程度の硬度が必要になります。性的興奮状態にある女性の膣口は開いており、また内部も愛液で濡れていますが、陰茎が柔らかいままだと挿入することはできません。中折れは、挿入できる硬度や大きさはあるものの、射精に至る前に陰茎が萎えて柔らかく小さくなってしまい、挿入状態を維持できないことをいいます。

陰茎は海綿体に血液が流れ込むことにより、大きく膨らみ硬さを得ます。射精に至る前に勃起が喪失して、膣内から陰茎が抜け落ちてしまう状態が中折れです。当然、セックスを継続することができなくなりますので、双方(特に女性)に不満が残ります。ちなみに、射精をしたら陰茎は萎えて膣内への挿入状態を維持できなくなりますが、これは生理現象で中折れとは言いません。

40代くらいの男性が最初に経験する中折れは、通常は2回戦目からになります。1回目は上手く射精をして終わり、しばらく休憩をして2回戦に挑んだ時に症状が現れます。2回戦では、1回目ほど性欲が強くなく、性感もそれほどではありません。このようなときに中折れを始めて自覚するのです。最初は体調や疲れが原因と考え、時期を変えてやってみたら改善することもあるでしょうが、やがて2回戦では中折れすることが増えてきます。

ついには1回戦まで影響が及んで来て事態の深刻さに気付くというのが一般的です。オナニーのときなら勃起し、射精もするのですが、セックスになると上手く行かないということも症状として出て来ます。オナニーでは自分のペースやタイミングで好きなように刺激できるから上手く行くのですが、相手があるセックスでは、勝手が違うと言っても良いでしょう。事態が深刻になる前に、この段階のうちにED治療薬を服用する、または泌尿器科に相談する、ことを勧めます。

泌尿器科では生活習慣の見直しをアドバイスしてくれたりします。また、パートナーに協力してもらいアンチエイジングを行うことでEDの症状は改善できることでしょう。

EDと勃起のメカニズム

EDと勃起のメカニズム EDを治療・改善するには、きちんとEDの知識を知ることが何よりも大切な事です。まさに「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。」です。EDと勃起の仕組みについて知るべきでしょう。本人やパートナーがEDに悩む人も、今は違うけれどそうなる可能性を不安に思う人にも理解してもらえるように、まず勃起の仕組みを簡単に説明します。

ペニスの内部には、陰茎海綿体が二本と尿道海綿体が一本あります。海綿体はスポンジ状の組織で、細かい糸のような血管の集合体です。性的刺激によりこの海綿体に血液が流れ込むと、圧力によりペニスが勃起します。勃起は裸の女性を見たり想像したりした場合などの刺激による中枢性のものと、マスターベーションやペッティングなどの直接的な刺激による反射性のものに分けられます。

このような勃起に必要な刺激は、副交感神経により勃起中枢神経に運ばれるのです。副交感神経とは外部からの刺激に対して反応をする自律神経系の一つで、体の中のホルモンなどを制御し勃起を促します。そのため、神経や血管の働きになんらかの不具合が生じていると、EDが発症してしまいます。

次に、現在EDと言えば、勃起自体が困難である、勃起後の硬度に不足がある、そして性行時に中折れするというような勃起維持が難しいケースの勃起不全を意味します。EDはそうなった原因と症状により、いくつかの種類に分けられるため、個人とその種類に合わせた治療方法が不可欠です。

例えば相談者が一番多いタイプが機能性勃起不全です。これは心因性勃起不全とも呼ばれ、患者は身体的には勃起が可能でありながらも、その個人特有の心理的要因により、ある日突然起こった勃起不全に悩んでいます。ありとあらゆる問題がこの原因の可能性になりえますが、患者本人には漠然とした心当たりがある場合が多いです。

このタイプの治療には、機能性勃起不全の原因をよく見極め、原因ごとの最適な精神的ケアとパートナーの協力が必要になります。治療薬での改善が期待できない場合もあるので、このタイプは特に厄介です。他にも器質性要因、機能性と器質性のEDが同時進行している混合性要因、薬剤性要因のEDがあります。

また新婚性勃起不全という、結婚などによる環境の変化や、結婚に至るまでの性行経験の未熟さやそれまでの失敗、コンプレックスなどで引き起こされる心因生のEDもあります。 そしてもちろん生活習慣や身体の衰えが原因でも、勃起不全は起こります。加齢や喫煙状況、糖尿病や高血圧や肥満などのことです。

このように原因に違いがあっても、どのEDも本人だけの悩みではなく、時に離婚などにも繋がります。EDは個人の人生経験により、さまざまな形で現れるため、その原因やリスク要因をきちんと理解し、EDの防止と改善のために努力をすることが重要です。特に予防のためには、常に心身のバランスを正常に保ち、身体的負担や精神的ストレスの多い日常生活は避けましょう。

EDの改善方法

EDの改善方法 医薬品を使ったEDの改善方法には、バイアグラ、レビトラ、シアリスのいずれかのED治療薬を用いることになります。バイアグラは有名なので、その名称くらいは耳にしたことがあるでしょう。世界初のED治療薬として、アメリカのファイザー社の製造により1998年(日本では翌1999年)から販売されています。実はバイアグラは狭心症の医薬品の副産物として誕生した薬です。

狭心症の医薬品の臨床試験にて、本来の求める効果よりも勃起効果が認められたため、ED治療薬としての製造が決まったとのことでした。次いで誕生したのが、ドイツのバイエル薬品が製造したレビトラで、日本では2004年から販売されています。そして最後に日本イーライリリー社が製造したシアリスで、2007年から販売、現在は世界シェアNo1のED治療薬となっています。

作用としては、いずれも血管を拡張させることで勃起を促しますが、服薬方法や効果の程度が異なります。バイアグラは25mg・50mgの処方、空腹時の服用で、効果が現れるまでは平均して1時間、持続効果時間は4~6時間です。レビトラは10mg・20mgの処方、(空腹時服用の方が効果的だが)服用のタイミングを選ばず、効果が現れるまでは平均して30分、持続効果時間は4~6時間です。シアリスは10mg・20mgの処方、(空腹時服用の方が効果的だが)服用のタイミングを選ばず、効果が現れるまでは個人差が大きく30分~4時間、持続効果時間は36時間が報告されています。

こうしてみるとシアリスが一番高い効果を持つことが分かりますが、ならばシアリスが一番良いのかというわけでもありません。体質的に合う合わないがあるため、シアリスでは効果があまり感じられなかった人がバイアグラでは効果を感じられたなんてこともあるので一概ではないでしょう。薬の効きには個人差があります

ちなみに、服用することで勃起効果が得られるわけではなく、性的刺激を与えないと効果は出ません。興奮剤や媚薬のようなものとは異なる、れっきとした医薬品であるということは念頭において服用していく必要があります。その上で、用法・用量を守ることは前提ですが、特定疾患を抱えている方には服用は勧められません。

副作用に関しては、頭痛、ほてり、目の充血、動悸、消化不良などが報告されていますが、いずれも強いものではなく4~6時間で治まってくれます。副作用に関しても全く副作用を感じないという方もおられます。

状況に応じたED治療

状況に応じたED治療 いわゆるEDの症状に悩まれている男性は多く、年配の人だけではなく若い世代にも悩まれている方は増えています。でも、こうした症状も適切な治療を行うことで改善できることがありますので、まずはそれぞれのEDになっている原因を調べ、それに応じた改善を考えていきたいものです。EDに陥ってしまう原因のひとつには、まず精神的なものがあげられます。

何らかのストレスがかかっていたり、子作りのプレッシャーがあることなどでEDになってしまう心因性EDがあり、こうした場合はまずはその原因を取り除いていくことがED治療への第一歩となります。ED治療薬を飲むだけでも、それは心の支えとなりますので、心因性EDにも実は効果的な一面もあります。

それから、身体性EDが原因として糖尿病や高血圧といった疾患が原因でEDを発症する場合もあります。病気があっても必ずEDになるというわけではありませんが、糖尿病などは血管を傷めたり、血流を悪くしてしまう原因となりますので、勃起に必要な十分な血流が得られない場合もあるので、疾患のある方の場合はまずはその原因となっている病気を治療していきましょう。

また加齢、または生活習慣が影響でEDを発症してしまう場合もあります。年齢を重ねても健康でいられる努力はしていくことがEDの予防にもつながりますので、生活習慣も見直していきましょう。喫煙は健康に悪い影響を与えることで知られていますが、血流に影響を与えやすいのでこちらもEDには良くないとされています。それゆえに本数を減らす、禁煙するなどの努力も考えていきたいものです。

さらに肥満も健康には悪い影響を与えることで知られていますが、肥満は生活習慣病を引き起こしやすくなりますし、血管に影響を与えることが多いので、こちらもEDのもととなりやすいですから、あきらかに太っている場合はやはり減量は考えていく必要があります。

EDの治療はこうした、状況に応じて治療をするようにしましょう。身体の健康とEDはとても深く関与しています。健康を維持し、そしてED治療薬を飲むことでより、EDの治療に効果的です。

通販でED治療

通販でED治療 EDの治療はED治療薬が特に有名ですが、その他にも心理療法やホルモン療法、外科手術などで対応することもできますが、なかなか病院に足を運ぶことは困難だと思われます。ED治療のために通院するのは恥ずかしい、知り合いに見られたらどうしよう?などと言った不安は生まれてくるものです。

そして、費用の面でもEDの治療に関しては保険適応外の治療となります。そして、仕事をしている人にとっては通院にかける時間も、なかなか工面することが難しいでしょう。ED治療薬だけでしたら、今では通販で簡単に購入することができますので、是非、恥ずかしい、費用を抑えたい、通院する時間があまり取れないという方は通販を利用することをおすすめします。

通販では、自分以外のED患者の人が飲んだ薬のレビューなども掲載されているので、参考にすることができます。ED治療薬も多くの種類が出ていますので、自分に合った治療薬を見つけることも大切です。とにかく通販はとても便利なので、大いに活用するようにしましょう。

EDと合併症

EDと合併症 EDを治療せずに、そのまま放置しておくと合併症を引き起こす可能性があります。合併症の中で特に多いのが糖尿病です。糖尿病は生活習慣病の代表的な存在ですが、常に血糖値が高い状態が続いてしまう病気で、こうなると血管、毛細血管を傷めやすく動脈硬化を引き起こしやすくなってしまいます

そして血管が衰えてしまうことは男性器の海綿体内にある毛細血管も傷つき、その結果勃起しづらくなるとされおり、さらに勃起に必要となる一酸化窒素が神経から出にくくなるのでEDに陥りやすいとされています。さらに糖尿病はEDだけではなく、様々な合併症を引き起こすことで知られていますので、健康のためにもやはり改善の努力は行っていきたいものです。

それから、糖尿病があるからといって、体質や症状は人それぞれ違いがありますので、必ずしもEDになるとは限りません。改善のためにはやはり食事療法や運動はとても大事ですから、日頃からしっかり健康管理は行っておきましょう。そして糖尿病のある方の場合は太りすぎていることも多く、太りすぎもまたEDにもよくありませんし、健康の面でも良いとは言えませんから適正な体重になれるようダイエットにも挑戦したいところです。

それから喫煙の習慣がある方の場合もさらに血管や血流に悪影響を出してしまう場合もありますので、こちらについても考えてみるなど、健康を維持できる努力は欠かさないようにし、症状の改善を目指していきましょう。糖尿病の治療は医療機関で行われていますが、このときもEDの症状がある場合は医師に伝えておくと血管の状態なども検査する場合もあります。

EDの治療もあわせて行うのであれば、その相談もしておきたいものです。EDの治療では通常、ED治療薬がよく利用されていますが、糖尿病の薬を飲んで入る方の場合は、薬との飲み合わせは悪くないか、薬を飲んでも大丈夫なのかしっかり確認しておきましょう。

日常生活に潜むED

日常生活に潜むED 特にここ最近では、EDで悩む男性が急増しています。特にアラフォー、アラフィフ世代と呼ばれる40代、50代の男性にとっては深刻な問題となっています。気持ちばかりは若いままであるのに対し、いざ実戦の場に臨み20代、30代の頃のようには、うまくいかないと分かって愕然とし、泌尿器科に駆け込む例が増えて来ています。

EDという悩みを抱え、まず頼りにするのがバイアグラなどのED治療薬です。ED治療薬は、勃起を消失させる酵素の働きを阻害し、海綿体への血流を増やす効果があるため、20代と同じような勃起の硬度を維持させてくれます。しかし、ED治療薬は勃起を得る働きはあるものの、若返りの薬でも強精剤でもないことに注意してください。

加齢とともに衰える体の中で、薬の力で陰茎だけが20代の硬さを保つというのはバランスを欠いています。歳を追うごとに少なくなる男性ホルモンの分泌、基礎代謝の低下など、加齢の影響は下半身を直撃しています。その中でももっとも注目するべきは生活習慣になります。

40代、50代にもなると、生活習慣の乱れは身体にダイレクトに影響してきます。若いころは平気であった徹夜も、このくらいの年齢になると元の体調に戻るのに一週間程度かかります。脂っこい食べ物の摂り過ぎ、過度の飲酒、喫煙の習慣、運動不足すべてが体調に直撃し、その結果としてEDが引き起こされていると言っても過言ではありません

高血圧、睡眠時無呼吸症候群、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病と並列してEDという症状が発現しているのです。バイアグラを使って一時的に勃起をさせたところで、他の加齢症状は改善しません。生活習慣を改善して体のバランスを整えることで、ED克服につなげると言うのが王道です。ED治療薬を使用して時間稼ぎをしながら、アンチエイジングを行って体の若さを取り戻す作業が必要になります。

具体的な方法として、野菜を中心とした低カロリー、高たんぱくな食事を摂ること、インストラクターの指導の下、年齢に見合ったフィットネスを行うこと、睡眠時間を十分確保し休養につとめることの3つを挙げます。これに加えて天然由来の成分の精力剤の服用を行うのも体に良いでしょう。

一朝一夕にはできないことですが、早くて3か月、普通は半年で効果が出て来ます。 体重が落ちるとともに筋肉が増加し、基礎代謝が上がります。下半身にも力が漲るようになり、EDの症状が改善していることを実感できるでしょう。

EDの予防方法

EDの予防方法 勃起障害は、陰茎の血流が悪くなると起こりやすくなるため、普段から血管障害の病気を予防することが大切です。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を防ぐために、高カロリー、高脂肪の食事を控える必要があります。日本の伝統的な納豆や漬物などの発酵食品や、大豆食品、魚介類、海藻類、緑黄食野菜などをバランスよく食べるようにして下さい。健康的な食生活を送ることで、勃起障害以外の生活習慣病を防げるようになるため、健康状態を良好に保てるようになります。

適度な運動をする事で運動不足を解消することができます。散歩をする時は、例えば歩数計をつけるようにすると、意識して歩けるようになります。適度な運動を続けることで、気分転換になりますし、全身の血流を改善しやすくなります。糖尿病の持病のある方は、医師の指導のもとで運動を行うようにすると、血糖値の上昇を抑えられます。

飲酒は適量であれば、気分転換になったり血流が良くなりますが、飲みすぎると健康を害してしまいます。健康を維持するためには、飲酒は嗜む程度に抑えたほうが良いでしょう

喫煙は、全身の血流を悪くしてしまうので、飲酒よりも下半身の機能には悪影響を及ぼすことが多いです。喫煙はストレスが溜まらない程度に抑えるようにして、本数を減らす努力をすることが大切です。

勃起障害のEDが起こる原因のひとつに精神的な理由があります。女性に対する苦手意識があったり、早漏などの機能障害や包茎などがあると、自信が持てなくなり、肝心の時に勃起が出来なくなることがあります。早漏や包茎で悩んでいたら、専門クリニックに通院をして適切な治療を受けることで、改善することもあります。

体が健康になると比較的若い年代の方は、性行為がスムーズに行えるようになります。勃起障害は、複雑な要因が重なって起こることが多いですが、優れたED治療薬も開発されているため、勇気を出して医療機関で診察を受けるか、恥ずかしい際は医薬品を通販して少量から試してみることが大切です。インターネットで効果効能や副作用も多くのサイトで確認出来るため、多くの方が通販サイトでEDを克服しています。

日常生活でED対策

日常生活でED対策 EDの治療にあたり、大切なのはもちろん、ED治療薬の投与も大切ですが、それと同時進行に日常生活を見直すことで、EDを治療・改善により効果的となります。身体の基盤を整えて、ED治療薬の投与でより早く治療・改善ができるでしょう。生活習慣の見直しと言っても、何をどうやればいいのか?と疑問に思うとは思います。

勃起不全(ED)になってしまうことの一番大きな根本的な原因は血行不良です。血行を良くするために、日常生活でできることは様々とあります。例えば、運動不足になることで血行は悪くなってしまいます。また血行を良くするには、血液の状態も深く関わってきます。そうなると、普段、食べている食事にも気をかけないといけません。血液をサラサラに保ち、血行を良くすることが、何よりも大切なのです。

通勤やレジャーなどで自動車を利用していると、運動不足になりがちなので、体に負担の掛からない運動を続けることが大切です。いきなり激しい運動を行うと、逆効果になってしまうため、ラジオ体操や早足のウォーキングから始めたほうが安心です。

まずは運動不足を解消することが、とても大切な事となります。EDではない人でも、勃起の硬さが最近なくなったと感じる人も是非、簡単でもいいので、運動をすることをオススメします。毎日、短い距離でいいので、ジョギングをする、またはウォーキングなどは、血行を改善してくれます。

もし、仕事が忙しくて運動をする時間がないという人は、通勤時に職場の一駅前の駅で降りて歩いていく、またエレベーターを使用せずに階段を使用するなどを工夫をするようにしましょう。特に、EDの改善に努めたいと思う人は、下半身を中心に鍛えることが望ましいでしょう。例をあげるのでしたら、スクワットなどはED改善には、とても効果的です

EDに効く食材

EDに効く食材 毎日の食生活を見直すことは、勃起障害を改善するために大変重要です。EDの改善について、食事療法もまた、大切です。食生活を改善することでED改善・治療に効果的です。食事を見直すことで血流の改善、健康な血管作り、そして、男性ホルモンを活発化させることができます。

特にEDに効く食材を幾つか紹介致します。

牡蠣

男性ホルモンを生成してくれる亜鉛を多く含む食材です。その他、亜鉛は精子の生成にもサポートします。またアミノ酸も多く含んでおり、ED改善に極めていい食材です。

レバー

精力回復に必衰の栄養素がミネラルです。レバーにはミネラルが豊富に含まれています。そしてミネラル以外にも亜鉛も含まれています。その他にもビタミンも多く含まれ亜鉛の吸収を高めてくれます。

山芋

山芋にはGHEAという男性ホルモンを高める物質が多く含まれています、そして滋養強壮作用があり、勃起力を高めてくれます。ビタミンB1も多く含まれているので疲労回復、スタミナ回復の作用も得ることができます。

にんにく

精力回復と言ったらにんにくです。まずにんにくには亜鉛、アルギニン、ビタミンB群を多く含みます。性欲が落ちたと感じた時などにはにんにくを摂取するのはいいと昔から言われています。ED改善に貢献できる食材となっています。

胡麻(ゴマ)

ゴマには滋養強壮作用が高く、そして亜鉛、アルギニンがバランス良く含まれています。精力の回復に効果の高い食材です。更にゴマは血中のコレステロール、中性脂肪の排出を促し血流を改善させます。

ED・勃起不全のまとめ

ED・勃起不全のまとめ EDとは特殊な病気とは思われるかも知れませんが、ED患者は日本全国にもとても多く、国内の成人男性の4人に1人がEDだと言われています。日本国内でED患者は推定1800万人はいると言われています。これほどまでに多く、もはや現代病だとも言えます。日本の文化的にもEDを治療するというのは、どこか恥ずかしくなかなか公に出来ないことです。

しかし、今ではインターネットもこれだけ栄えたことにより、通販でED治療薬も簡単に購入することができます。そして、軽度なEDでしたら生活習慣を見直すことで改善・治療をすることができます。EDになったからだと言って落ち込むことはありません。早期治療で治ります。ただ、EDをそのまま放置することだけはしないようにしましょう。放置することで症状は悪化し、また最悪は合併症を患ったりします。

そのためにも通販などで事前にED治療薬を前もって用意しておくこともED予防、そして対策になるでしょう。EDの原因となるものを徹底的に排除しましょう。やはり男としては幾つになっても男でいたいものですよね。

TOPに戻る