半田赤レンガ建物について

一流ブランドを目指した地方都市のビールメーカーは、世界を夢見て巨大ビールメーカーに挑み、試行錯誤を重ね、ありったけの心意気を注ぎ込んだ激動の時代に打たれた偉大な事業家の夢。今ここにロマンとなり息づく。

よみがえる半田赤レンガ建物

よみがえる半田赤レンガ建物

カブトビールの製造工場として誕生

半田赤レンガ建物は、明治31年(1898年)にカブトビールの製造工場として誕生。明治時代に建てられたレンガ建造物としては日本で五本の指に入る規模を誇りました。ビール工場の遺構は現存数が極めて少ないため、その意味でも貴重な建造物です。

明治建築界の巨匠が設計

安定した温度や湿度を必要とするビール工場として建てられ、現在ではほとんど例を見ない、中空構造を持つ複壁や多重アーチ床など、極めて特徴的な構造が特色。設計者は、明治建築界の三巨匠の一人、妻木頼黄(つまきよりなか)。
横浜赤レンガ倉庫や日本橋(装飾部)なども彼の設計によるものです。

起業家精神を今に伝える半田赤レンガ建物

日本のビール黎明期、大手4大ビールメーカー(サッポロ、アサヒ、キリン、エビス)へ果敢に挑戦した半田赤レンガ建物。
国の登録有形文化財にも登録されたその重厚な佇まいは、半田の先人たちの志と豊富な財力・技術力を物語っています。

復刻、幻のカブトビール

本格ビールづくりに挑戦し、パリ万博で金牌を受賞

明治22年(1889年)5月 中埜酢店4代目・中埜又左衛門と敷島製パン創業者・盛田善平らにより、「丸三ビール」と名づけられた瓶詰めビールが3,000本余り半田から初出荷され、これが後のカブトビールです。
明治31年(1898年)ドイツから機械技師と醸造技師を迎えて、半田町榎下に新ビール工場となる半田赤レンガ建物を竣工。本格的ドイツビールの醸造に着手し銘を「加武登麦酒」と改め、その2年後の明治33年(1900年)パリ万国博覧会に出品し金牌を受賞しました。

復刻、幻のカブトビール

激動の時代を生き抜く

明治33年にはビールに酒税が課せられ、さらに日露戦争後の景気後退により、ビール業界も大きな影響を受け、再編がはじまります。カブトビールは、日本第一麦酒株式会社、加富登麦酒株式会社などの社名変更を繰り返し、昭和8年には大日本麦酒株式会社と合併しました。その後太平洋戦争により工場は閉鎖され、大日本麦酒株式会社はサッポロビール株式会社とアサヒビール株式会社に分離していくのです。

幻のカブトビールを復刻

そして時代は流れ、平成17年(2005年)6月、半田赤レンガ建物の保存活動を行う赤煉瓦倶楽部半田の手によって、カブトビールが復刻発売されることに。およそ半世紀ぶりのカブトビールの発売は、3000本限定であっという間に売り切れ、幻のビールと呼ばれるようになりました。

詳しくは一般社団法人半田赤煉瓦倶楽部ホームページをご覧ください。

半田赤レンガ建物の概要

建物名称 半田赤レンガ建物
所在地(現住所) 愛知県半田市榎下町8番地
確認申請上の用途 展示場を含む事業所
(2F以上は、工場跡からの用途変更確認申請対象外 非活用・非公開)
建築面積(現存部) 2,786.99㎡
延床面積(現存部) 4,979.51㎡(内活用部分 2,729.93㎡)
建物高さ 20.84m
建物構造 煉瓦造、一部木造(ハーフティンバー構造)
規模 地上2階 塔屋2階
主な仕様 屋根)ガルバリウム鋼板瓦棒葺
外壁)煉瓦イギリス積み+鉄筋補強、煉瓦長手積ハーフティンバー壁
床)鉄骨併用煉瓦造アーチ式床+コンクリートスラブ補強
国の認定等 平成16年 文化庁登録 登録有形文化財 第23-0134~0136号
平成21年 経済産業省認定 近代化産業遺産
平成26年 半田市指定 景観重要建造物 第1号
<建物履歴>
明治31年~ カブトビール醸造工場
昭和19年~ 中島飛行機製作所 衣糧倉庫
昭和23年~ 日本食品化工㈱ コーンスターチ工場
平成8年~ 半田市所有
平成27年~ 耐震補強・整備の後 公開
<創建時工事>
工期 明治30(1897)年9月1日~明治31(1898)年10月31日
基本設計 ドイツ・ゲルマニア機械製作所
実施設計 妻木頼黄(つまきよりなか)
施工 清水組
<H26~27年整備工事>
工事概要 耐震補強及び公開部分の内装、設備、展示及び外構整備
工期 平成26年6月20日~平成27年6月30日
計画設計監理 株式会社安井建築設計事務所
整備工事 清水・七番特定建設業務共同企業体
展示作製業務 株式会社乃村工藝社
耐震計画評価 特定非営利活動法人日本コンクリート技術支援機構